1 アルバイトでの雇用

  →留学生・家族滞在の在留資格、就労に制限が無い在留資格


  中国人を含む外国人が留学及び家族滞在の在留資格をもって日本に滞在する場合、アルバイトをする時は地方入国管理局資格外活動の許可を受ける必要があります。資格外活動の許可を得れば、留学の在留資格の場合は原則として1週間あたり28時間まで就労することが可能となります。


  日本語学校や専門学校、大学等の教育機関が夏休み等の長期休業期間中であれば、留学生は1日8時間まで就労することが可能です。これらの就労は包括的に許可されますが、教育機関の長期休業期間等、具体的な許可の範囲については、資格外活動許可書により確認することができます。


  家族滞在の在留資格を持つ方についても、原則として1週間あたり28時間まで就労することが可能です。これらの留学生や家族滞在の在留資格を有する方を雇用する際は、事前に旅券の資格外活動許可証印又は資格外活動許可書などにより就労の可否及び就労可能な時間数を確認して下さい。


  なお、資格外活動の許可を受けずにアルバイトに従事した場合は、不法就労となりますので注意する必要があります。ちなみに大学との契約に基づき報酬を受けて行う教育・研究を補助するアシスタントについては、資格外活動許可を受けずにアルバイトをすることができます。


  留学生や家族滞在の在留資格を持っており、資格外活動許可を得ていても、風俗営業等に従事することはできません。例えば、スナックやバー、キャバレーなど客席に同席してサービスする業種です。パチンコ店や麻雀店、性風俗店等で、たとえ掃除や調理、皿洗いを行うのであっても就労することは禁止されています。


  日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、永住者、定住者の在留資格を有する者は、日本での就労活動に制限がなく、日本人と同じようにどのような職種でも就労が可能です。アルバイトの職種や時間、日数等も留学生、家族滞在の在留資格の場合と違い制限がありませんし、資格外活動許可を得る必要もありません。

2 エステティシャン、整体師、美容師を雇用したい場合


  美容師や介護士、エステティシャン、整体師、マッサージ師、鍼灸師、カイロプラクター等は該当する在留資格がなく、たとえこれらの国家資格や国際資格を保有していても、就労の在留資格を取得し就労することができませんが、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、永住者、定住者の在留資格を有する場合であれば就労することができます。


  美容師や介護士、エステティシャン、整体師、マッサージ師、鍼灸師、カイロプラクター等は、該当する在留資格がない職種であるため、人文知識・国際業務又は技術の在留資格はもちろん、これらの業務に就くための就労の在留資格はありませんので注意が必要です。