企業であれば日々取引が有り、取引には決め事・即ち契約が必要となります。

  それら取引について、契約書を作らなかった・締結しなかった場合は無論ですが、契約書を作った・締結した場合でもいわゆる雛形のようなものを使ったときには、いざ事が起こったときに問題となることも少なくないといえます。

  契約書は、同じ名前の契約書(売買契約書、ライセンス契約書等々)であっても、自分が売主か買主か、ライセンサーかライセンシーかで望ましい契約書の内容は相当異なります。名前は同じ売買契約書でも売主に有利なもの、買主に有利なものがあるということです。

  そして、この立場により作成すべき契約内容の差異は、皆様が思っているよりも大きなものであるとお考えになった方が無難と考えられます。

  対象となる取引が単発のもので契約単価も安い場合には、リスクをとって雛形を利用するのも選択としてあり得るとは考えられますが、単価の大きいもの、或いは1回1回のの単価は小さいけれど継続的な契約であるもの、などはコストをかけてもしっかりと自社に有利な契約書を作った方が良いといえるでしょう。